水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

爪水虫

爪はほとんど老化しない?

更新日:

爪が分厚くなっても、白くにごってきても、爪水虫になったと気付かない方も多いようです。水虫は確かにおじさんの病気というイメージがありますが、事実はそうではありません。爪水虫になるのは、なにも中年以降ということはなく、子供でさえ患ってしまう可能性がある感染症です。イメージのとおり爪水虫は40代以降に多いとされていますが、おじさんだけしか患わないわけでは当然なく、女性も爪水虫になる可能性があります。女性の水虫患者は、増加傾向にさえあります。

爪水虫は40代以降に多いことから、単なる老化現象や加齢による爪の変化だからと気にしない方もいらっしゃるでしょうし、爪が水虫になるとは思ってもいないという方も事実いらっしゃいます。

確かに加齢による体の変化は避けようがないものです。白髪になったりしわやシミが増えてきたりするのは、普通は避けようがないことですね。(それはそれで悩みの種になるわけですが・・・)

しかし、爪の場合には、ほとんど加齢により爪が厚くなるなどの変化はありません。中年以降の方が爪が汚く変色していても医師によっては「老化現象」と誤った診断をしてしまうということもあるのだそうです。

爪水虫でもひどくなれば爪が変形を起こして、思うように物をつかむことができないという弊害が起ったりしますが、これは簡単に老化現象としてもらっては患者としては困りますね。

爪水虫は、先に書いたように40代以降に多い感染症です。爪に以前とちがう変化を感じたのなら放っておかずに、治療をするようにしましょう。

爪水虫で病院を訪ねる時は、皮膚科を訪ねます。爪は皮膚の一部ですから、爪水虫は皮膚科の専門領域です。

-爪水虫

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.