水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

爪水虫

爪水虫に突然なるのではない

更新日:

爪は皮膚から分化したものであり、皮膚と同じたんぱく質からできています。ですから、水虫(白癬菌)にとってよい住処となります。しかし、他の水虫の症状がないのにいきなり爪水虫から始まることはありません。

足の爪水虫であれば、足の水虫が長く続いた場合に爪水虫になってしまうケースがほとんどです。手の爪水虫であれば、手自体が水虫になっていなくても爪水虫になる可能性があります。

というのは皆さんご存知のとおり、普通は水虫はかゆみを伴いますので、(かゆみがほとんどない水虫もありますが・・・)足の水虫のかゆい部分を手でかいてしまうことがあります。足をかいてしまうというこの行為はいたしかたないこととはいえ、爪に水虫を感染させてしまう原因になります。

爪水虫から水虫が始まらないのは、爪の表面は硬いためです。水虫菌とてなかなか硬い部分からは侵入しにくいというわけです。爪水虫のほとんどは爪の先端や爪の周りの皮膚の部分から始まります。

爪も皮膚の一部であり、他の皮膚同様ケラチンというたんぱく質からできていますが、爪が他の皮膚より硬いのは、シスチンというアミノ酸をより多く含むためです。

皮膚の周りから始まる爪水虫の中でも爪の甘皮の部分から始まった場合には、症状の進行が早いので、特に早めに水虫の治療を行う必要があります。

-爪水虫

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.