水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

爪水虫

爪水虫は感染します

更新日:

爪水虫は感染症ですから他の人にもうつしてしまう、また、他の人からうつされてしまう可能性があります。爪水虫に限らず、足の水虫であろうと手の水虫であろうと原因の菌は同じ白癬菌ですから感染することがあります。

自分の爪水虫を治すことが一番大切なことですが、水虫の治療を早期に行うということは、家族などにもうつしてしまわないためにも大切なことです。家族の誰かに水虫の方がいらっしゃれば、一緒に治療を行って治してしまわないと、相互にうつしあってしまうことが多々ありますから、せっかくよくなったと喜んでいても、つかの間の喜びになってしまう可能性があります。

とはいっても、水虫や爪水虫の原因になる白癬菌の感染力はそう強いものではありません。足に白癬菌が付着したとしても、きちんと足を洗うことで感染を防ぐことが可能です。感染には24時間以上の時間が必要であるといわれています。ですので、お風呂で毎日足をきれいに洗っていれば、水虫菌の感染は防ぐことができるのです。

しかし、上記の24時間というのは、あくまで皮膚が正常な状態であることが前提です。万一、足の皮膚が傷ついていれば、12時間ほどでも感染する可能性があります。

また、水虫菌が感染に24時間以上必要であるといっても、水虫が感染してしまう可能性が一番高いといわれる家庭内で水虫になっている人がいれば、あちこちの床に水虫菌がある可能性がありますから少し話がちがってきます。お風呂で足をきれいにしたとしても、そのあと家の中を歩けば再び水虫菌が付着します。

家庭内では掃除をこまめにしたり(特に人が通る場所)、スリッパを別にしたり、バスタオルを別にしたりなどの対策が、お互いにうつしあわないためには重要なことです。

-爪水虫

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.