水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

爪水虫

爪水虫の塗り薬の使い方

更新日:

爪水虫の治療の基本は、日本ではですが、飲み薬を使います。【ちなみにヨーロッパやアメリカは塗り薬が主流になります】

塗り薬を使っても奥まで浸透しにくいので、治療の効果を上げるために体内から作用する飲み薬を飲むのですが、他の薬(他の病気での)との飲み合わせなどで飲み薬を使えないという時には、塗り薬が使われることになります。

 

爪水虫で爪の先端の方や爪が白く変色していると、どうしてもその部分に集中して薬を塗った方が抜群に効果的なような気がしますね。しかし、ご存知のとおり爪は根元の方から成長してのびます。また、水虫菌が進入するのは爪の周りの皮膚の部分からがほとんどです。ですから、爪水虫で塗り薬の使い方のポイントは、爪の根っこの部分と爪の周りにしっかりと水虫の薬を塗り込むことです。そこから爪全体へ薬を伸ばしていきます。ですので、塗り方といっても特別難しいことではありません。

水虫の治療は爪水虫でも同じことですが、長い期間治療を根気よく行わなければなりません。爪水虫も塗り薬を使い始めて数ヶ月して効果が表れてくれば、爪も大分きれいになってくるはずです。しかし、爪が完全に新しく入れ替わるには長い期間を必要とします。

爪が1日に伸びるのは、コンマ何ミリという世界ですから、足の爪で1年以上の期間が必要です。ですから、水虫の薬を塗り続けるのもそれ以上の期間を必要とします。水虫が治りにくいと思われている理由のひとつが、この治療期間の長さにあるとされています。

-爪水虫

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.