水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

「爪水虫」 一覧

爪白癬(爪水虫)とは?

日本人の10人に1人が罹患していると言われている「爪白癬」。
俗に言う「爪水虫」は足白癬(足水虫)の長年の放置などによって発症します。

しかしながらほとんどの方が放置、あるいは爪水虫専用ではなく足水虫用の市販薬で済ますなど、十分な治療が行われていません。

足水虫は年齢と共に罹患頻度が上がり、男女ともに50~60歳でピークを迎えます。その後、足水虫は慢性化して、爪に移動し、爪水虫を発症します。このため爪水虫の場合は男女ともに年齢とともに増加していく傾向にあります。

爪水虫になると爪の見た目が黄色くなったり、爪が厚くなったりします。厚さが増すと痛みが出ることもあります。見た目の悪さや痛みも爪水虫の問題点ですが、何よりも最大の問題は、他人にうつしてしまうことです。放置しておくと、水虫菌を周りにばらまいて、感染源になってしまうということです。

大切な家族や友人に水虫をうつしてしまう可能性があるので、爪水虫に気づいたらすみやかに治療することをおすすめします。

爪水虫の4つのタイプ

爪水虫は爪が真菌に感染する症状ですが、真菌のうち90%が白癬菌となっています。
爪水虫は主に感染する場所によって次の4つに分類されます。

遠位・側縁部爪甲下真菌症

爪の先端や側面から症状が始まるタイプ。もっとも頻度が高いタイプです。

表在性白色爪真菌症

爪の表面に菌が付着して始まるタイプ。症例としては珍しい。老人に多く、特に老人ホームでよく見られるタイプ。

近位部爪甲下真菌症

爪の根元から始まるタイプ。海外ではエイズ患者に多いと言われている。日本では糖尿病や循環器系の持病を持った人に多い。

全異栄養性真菌症

上記3つの症状が進んで爪全体が侵されたタイプ

爪水虫に似た疾患

爪水虫には他に似た症状の疾患があり、目で見ただけでは区別がつかない場合があります。
爪水虫とよく間違われる疾患には次のようなものがあります。

乾癬・掌蹠膿疱症

皮膚病の一種が爪に現れた状態。ピッキング(貫通孔)と呼ばれる凸凹や、爪の剥離が見られる。

爪甲鉤弯(こうわん)症

爪を伸ばしすぎが主な原因。爪が曲がったり変形したりする症状が現れる。

爪異栄養症

爪が変形する疾患。原因は不明。爪水虫と誤診されることが多い。

爪水虫の診断方法(検査法)

爪水虫の診断には「KOH直接鏡検」と「真菌培養検査」があります。このうち「真菌培養検査」は時間がかかるため、「KOH直接鏡検」がよく用いられています。

KOH直接鏡検

爪水虫は白癬菌が爪の中に潜んでいるため、それを取り出して直接目視で確認するのがもっとも確実な診断法となります。
KOH直接鏡検の方法は、爪の病変を直接採って、顕微鏡のカバーグラスに載せ、爪を溶かすための苛性カリを垂らしたあと顕微鏡で観察します(温めると爪が溶けやすくなり時間短縮となります)。
白癬菌がいる場合は、糸状の菌糸や、数珠つなぎになった球状の菌糸が見られます。
KOH直接鏡検のポイントは検体の採取場所です。検体の採取場所が悪いと、白癬菌を見逃してしまう場合があります。
最も一般的な爪の先端から白癬菌が入り込む「遠位・側縁部爪甲下真菌症」では、爪の先端部よりも爪床から検体を採取するのが最も望ましいです。爪の先端部にも白癬菌は存在しますが、水分が少ないため、活性が落ち、死にかけたような状態になっていることが多く、鏡検の際に見逃してしまう場合もあります。

爪水虫の診断については、似たような疾患があったり、検査もやや特殊なため、皮膚科・美容外科など、経験のある専門医に診てもらうのが確実です。

カテゴリ一覧

爪水虫はかゆいのか?

2016/10/02   -爪水虫

水虫はかゆいというイメージがどうしてもありますが、爪水虫になってしまったとしても爪自体はかゆくなりません。水虫に限らなくても、爪がかゆくなったという経験がある方はいらっしゃらないはずです。また、爪がか ...

爪水虫は完治させること

2016/10/01   -爪水虫

爪水虫で皮膚科で治療を受けていても、途中で止めてしてしまう人も多いのだそうです。 最も多いといわれているのが、止めてしまうというより爪水虫が治ったと勘違いしてしまうパターンです。つまり、実際は水虫が完 ...

爪はほとんど老化しない?

2016/09/30   -爪水虫

爪が分厚くなっても、白くにごってきても、爪水虫になったと気付かない方も多いようです。水虫は確かにおじさんの病気というイメージがありますが、事実はそうではありません。爪水虫になるのは、なにも中年以降とい ...

爪水虫の人は多い?

2016/09/29   -爪水虫

爪水虫の患者ってどれくらいいるのでしょうか?まず、水虫を患ってしまっている人は、実に4人に1人の割合だといわれています。これはあなたが考える以上に多い割合ではないでしょうか?そうです、水虫は他人事では ...

爪水虫に突然なるのではない

2016/09/28   -爪水虫

爪は皮膚から分化したものであり、皮膚と同じたんぱく質からできています。ですから、水虫(白癬菌)にとってよい住処となります。しかし、他の水虫の症状がないのにいきなり爪水虫から始まることはありません。 足 ...

爪水虫で気をつけること

2016/09/27   -爪水虫

爪水虫は自然に治るということはありえませんから、必ず治療を行わないといけませんが、治療の他にも気をつけておくことがあります。 なるべく爪を傷つけないようにする 水虫菌は傷などの部分から増殖します。です ...

子供も爪水虫になる?

2016/09/26   -爪水虫

水虫・爪水虫は大人だけに限った感染症ではありませんから、子供も水虫・爪水虫になってしまう場合があります。子供が爪水虫を患う感染源になってしまうのは、主に家族から(家庭内感染)です。子供に限らず水虫の感 ...

爪水虫は感染します

2016/09/25   -爪水虫

爪水虫は感染症ですから他の人にもうつしてしまう、また、他の人からうつされてしまう可能性があります。爪水虫に限らず、足の水虫であろうと手の水虫であろうと原因の菌は同じ白癬菌ですから感染することがあります ...

爪水虫の塗り薬の使い方

2016/09/24   -爪水虫

爪水虫の治療の基本は、日本ではですが、飲み薬を使います。【ちなみにヨーロッパやアメリカは塗り薬が主流になります】 塗り薬を使っても奥まで浸透しにくいので、治療の効果を上げるために体内から作用する飲み薬 ...

爪水虫の治療法

2016/09/23   -爪水虫

水虫も爪水虫も何もしないで自然に治るということはありえませんから、必ず治療が必要になります。何の病気でもそうですが、早く治療を始めた方が治るのも早くなります。爪水虫に関してもこれはすごく肝心なことです ...

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.