水虫(白癬)や爪水虫(爪白癬)の対策方法、ニュース・コラムを掲載しています

水虫対策ナビ

水虫とは?

水虫は白癬菌という細菌に感染することによって発生する症状です。

医学用語では「白癬」と呼ばれ、足に出来るものを「足白癬」、爪にできるものを「爪白癬」頭にできるものを「頭部白癬」などと呼ばれます。

一般的に水虫と言うと、足の裏にできるものを指します。

当サイトでは「水虫」および「爪水虫」について情報を掲載しています。

水虫と白癬菌

水虫は白癬菌によって引き起こされます。
白癬菌はカビの一種で、人間の皮膚の構成要素の1つであるタンパク質の「ケラチン」を分解し、エネルギーにすることで生活しています。カビと同様にあらゆる場所に存在しています。

水虫の感染経路

水虫の原因菌である白癬菌はどこにでもいます。そのなかでも白癬菌が多いのは、すでに水虫に感染している人から剥がれた皮膚や爪の中で、これが主要な感染経路となります。
剥がれた皮膚や爪は、バスマット、スリッパ、靴、脱衣場の床などに多く存在しており、そこで白癬菌が皮膚に付着して水虫を発症するパターンがもっとも多いと考えられています。
ただし、白癬菌が皮膚に付着しても定着するのに時間がかかるため、通常はお風呂などで洗い流されて、定着・発症までには至りません。菌が皮膚に付着したとしても、内側に侵入するのに時間がかかるからです。研究では24時間以内に洗い流せば定着はしないと言われています。
しかし、お風呂に入らなかったり、洗い方が不十分な場合は、菌が洗い流されずに定着する可能性があります。特に定着しやすいのは足の指の間です。そのなかでも薬指と小指の間がもっとも感染しやすい場所です。

水虫と季節

水虫は夏になると患者数が増えます。これは白癬菌が高温多湿を好むからです。また、最近では冬に水虫になる人も増えています。これはファッションでブーツを履く人が多くなっているからです。ブーツの中も高温多湿で白癬菌にとっては快適な環境と言えます。

水虫の感染を防ぐには

水虫の感染を防ぐには2つのポイントがあります。

白癬菌を遠ざける

家族や同居人に水虫に感染している人がいる場合は、剥がれた皮膚や爪などに白癬菌が潜んでいる可能性が非常に高くなるので特に注意が必要です。バスマットやスリッパが主な感染源になるので、できれば共用を避けた方がいいでしょう。
また、爪水虫になっている場合は爪切りも別のものを使った方がいいでしょう。
床にも剥がれた皮膚が落ちている場合があるので、掃除をしてできるだけ清潔に保つのがいいでしょう。
公共浴場、温泉、スポーツクラブ、プールなど、不特定多数の人が利用する施設ではマット類など白癬菌が潜んでいそうな場所はなるべく避けるとよいでしょう。

清潔を保つ

普通に生活している限り、白癬菌を完全にシャットアウトすることはできません。前述しましたが、白癬菌が定着するには24時間以上かかるので、毎日お風呂に入って、清潔にしていれば感染リスクは下がりますので不安になる必要はありません。
特に足の裏を丁寧に洗うことをおすすめします。そして特に念入りに洗ってほしいのが足の指の間です。ここは蒸れやすいため、白癬菌が活発になります。また洗いにくいので白癬菌が残ってしまい、定着する可能性が高くなります。
足の指の間をしっかり洗うことを習慣にしてしまうとよいでしょう。

水虫の感染率

日本人全体の感染率

水虫になった人のすべてが病院に行くわけではないので、はっきりした数字はわかりませんが、かなり多くの人が水虫に感染していると予測されています。年代別では大学生で2割、社会人で4割、老人(高齢者)で7割というデータもあります。日本全体での感染率はわかりませんが、かなり多いということが推測できます。
テレビで水虫薬のCMを流していたり、ドラッグストアでも水虫薬は一角をしめているので、やはりかなりの人が水虫に感染しているのでしょう。

男女別

水虫というと、なんとなく「サラリーマンの男性」というイメージがありますが、実は男女比はだいたい半々というデータがあります。女性の場合、前述した通り、ファッションでブーツを履いたり、通気性や吸湿性の悪いストッキングを履いていることが水虫になりやすい理由の1つです。

高齢者の感染率が高い理由

高齢者の感染率が高い理由はいくつかあります。
まず免疫です。年齢を重ねると免疫力が低下しています。白癬菌に抵抗する力が落ちてきます。次に新陳代謝の低下です。ターンオーバーといって、皮膚は約28日周期で入れ替わると言われています。古い皮膚が剥がれ落ちると同時に白癬菌も体から離れます。この機能が低下するため、皮膚が厚くなり、白癬菌が皮膚に留まりやすくなります。そして最後に視力の低下です。老眼のため、皮膚に異変があっても気づきにくくなることも理由の一つと考えられます。身近に高齢の方がいる場合は代わりにチェックしてあげるといいでしょう。

水虫の症状

初期

水虫の初期症状として挙げられるのが「かゆみ」です。白癬菌が皮膚に定着すると、皮膚の構成要素の一つであるケラチンを分解します。このケラチンが分解された物質が、神経や血管を刺激することでかゆみが発生します。

中期

皮膚が炎症をおこし、水ぶくれが発生します。水ぶくれは大きなものでなく、直径が2~3mm程度の小さなものがたくさんできる傾向にあります。

後期

炎症が進むと、さらにかゆみが増します。かゆに耐えられず、掻きむしると水ぶくれが破れて皮が剥けたりします。さらに炎症がすすみ、また掻いてを繰り返しているといわゆる「ジュクジュク」の状態になってしまいます。

爪水虫にも注意

水虫の症状が進むと、爪水虫になるリスクが高まります。爪にもケラチンが含まれているので、白癬菌にとっては格好の棲家となります。白癬菌は爪の周りの皮膚から爪に侵入します。水虫がある程度進行している場合は、爪の変化にも注意した方がいいでしょう。爪にかゆみが出ることはありませんが、が白く変色していたり、ポロポロと欠けるような場合は感染している可能性が高くなります。
爪水虫は治療しにくいため、水虫が治っても、爪に潜む白癬菌によって水虫を再発する可能性が非常に高くなります。爪水虫の治療は難しいため、爪水虫かなと思ったら、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。
爪水虫の詳細はこちら

水虫の治療

水虫の治療としては、外用薬と内服薬を用いたものがあります。
いづれの薬も白癬菌の増殖を抑える成分を含んでいます。新しい菌の増殖を抑えると、生きている菌が乗除に死滅して減少していきます。こうすることで、水虫を治療します。
水虫の治療にはできればまず皮膚科に行くことをおすすめします。これは、水虫には似た症状があるため、水虫に見えても実は他の病気の場合もあるからです。また、水虫の進行状況によって使用する薬も異なってくるため、できれば皮膚科等と受診するのがよいでしょう。
また、治療の大前提として、患部を清潔に保ち、なるべく乾燥させることが重要です。

外用薬

水虫の外用薬は病院で処方してもらう他に、薬局やドラッグストアでも販売されています。一昔前は市販薬の成分には制限がありましたが、現在では処方薬と同じ成分の薬も市販できるようになりました。
しかし、濃度が薄かったり、前述のように専門医に見てもらわないとわからないこともあるので、まずは通院して処方薬を出してもらうのがいいでしょう。

内服薬

内服薬は病院での処方のみとなり、市販薬はありません。内服薬は皮膚の内側から作用して白癬菌を退治します。
副作用があったり、他の薬との飲み合わせを考慮する必要があります。このため、医師による処方が必須となっています。

Copyright© 水虫対策ナビ , 2017 All Rights Reserved.